ベストな葬儀社を選択しよう~安らかな眠りを与え隊~

数珠

次世代に受け次ぎたい風習

黙祷

都会では効率化が優先

千葉県には独特の葬儀環境があります。東京に近い都市部では東京と同じような葬儀のスタイルで実施されます。通夜と葬儀が終了したのちに火葬を行う一般的な後火葬です。しかし館山市など房総地域になると異なります。通夜の翌朝に火葬を行い、その後、葬儀と告別式を行います。これは前火葬と呼ばれ、当日中に納骨まで終了させます。葬式組や班といった近隣住民の組織が機能している地域も多く、寺院と連絡や葬式の準備などを手伝っています。都市部では参列する人の事情などを加味しできる限り効率的にそして短時間で済ませる方法を採用しています。そのため都市部で見られなくなった風習が千葉県では都市部を除き現在も受け継がれているのです。

昔ながらの風習

葬儀に人気のあるなしは存在しませんが、昔からの風習は縁起が良いなどの理由で行われていることが多く、風習を引き継ぐことが大事であることは言うまでもありません。千葉県では、長寿銭と呼ばれる風習もあります。故人が長寿を全うした場合のみに行われますが、持ち帰ると長寿を全うした故人にあやかることができるという縁起の良い風習として受け継がれています。また、時間短縮を重視している都市部では通夜の時間が2時間〜3時間程度の半通夜であるのに対して夜通し行われる全通夜が一般的であるのも千葉の特徴です。また通夜のことを夜伽と呼ぶこともあります。夜伽見舞いといい夜通しで食べ物を持ち寄る風習です。昔ながらの風習は次世代に残していきたいものの一つとなっています。